日記

2022-05-21 11:49:00

長期休みの謎(1)

今の自分にとって大変なことは「予定が立てられない」ことだ。

 

ペットホテルは「お客様(ペットのオーナー様)」の予定で成り立つ。夏休みや年末年始などは依頼が多く、またオフシーズンはすく。但し、うちの場合は、それ(一般的なバカンス利用)に加えて、長期利用や介護、病院付き添いなどもしていることから、一般のペットホテルのオフシーズンもほぼ、予定で埋まっている。

 

物理的に休めば疲れが取れる訳ではない。やはり、大切なお客様の生きものを預かるということは、休んで寝ていても気持ちは休まらない。同じ建物内に居ても、うさぎ達のことを「暑すぎないか」「寒すぎないか」「うっ滞を起こしていないか」「下痢をしていないか」…など、心配のたねは尽きぬのだ。

 

定休日を設けても、休める訳では無い。

 

…で、予約が無ければお金が無いし、予約が入れば忙しいしで、なかなか「他のこと」が、できない。

 

今回、ちょうど、長期の子が帰り、次の依頼まで、予約が無い期間が何年ぶりかでおとずれたので(11年やっていて初めてかも、)カレンダーで押え、休みますと口外し、お知らせなどにも書き、とにかく予約が入らないように、他のホテルで都合して貰えるように、バリアを張った。

(6月中旬~下旬、休みます。カレンダーへリンク)

 

休むには、時間だけでなく、お金も必要だ。仕事を閉めていても、支払いはあるので、休むための資金も必要だ。先日、税理士さんの力添えのもと、給付金が受け取れたので、それを充てることにした。

 

さて、長期休みの目的は?「他のこと」って?長くなるので、明日の日記に続きます。

 

Today's Schedule